川口市の機密情報発信基地

Confidential information dispatch base of Kawaguchi-shi

☺ホーム☺ ≫ 無線関係

無線関係(レビュー)

ソニー ICB-87R

言わずと知れた(略)。197センチメートルもの長さのアンテナがDX交信で威力を発揮します。
前期型と後期型がありますが、後期型は調整が滅茶苦茶だったりと外れが多いです。
調整されていなければ手を出さないほうがいいでしょう。

2017年10月29日 19:43 |コメント|

ソニー ICB-680

言わずと知れた名機。送信用水晶を除いては。
深い変調でDX達成をサポートしてくれます。送信用の水晶がダメになりやすく、調整されたリグ以外には手を出さないのが無難。

2017年10月29日 19:38 |コメント|

アイコム IC-4188D

アイコムの最上位の特小。大音量のスピーカー、相変わらず速いスキャン速度…
受信感度はIC-4300Lより明らかに上で、アルインコ機より電波の飛びがいいかもしれません。
スケルチオープンはセットモードからやらないといけないのが欠点かな?

2017年10月29日 19:36 |コメント|

アルインコ DJ-R200D

強化されたスキャン速度、ディスプレイのバックライトが明るくなり、ボタンにもバックライトが点いて見やすくなる、ベルトクリップの変更など進化を遂げています。

性能はR20Dと並びますが、受信方式のせいなのかは不明ですが弱電界の時の受信音が非常に独特。ブチブチ…という音が大きくDJ-P221L 以上に気になります。

スケルチが開く強さなら全く問題ありませんが、ノイズの中から声を聞き分けるようなDX狙いには厳しそう。
遠距離交信狙いならDJ-P24L かDJ-R100D をお勧めします。

2017年10月29日 19:33 |コメント|

アルインコ DJ-R100D

DJ-R20Dと並ぶ性能を引き継いでいます。変調は深すぎるレベル。
ニッケル水素電池、アルカリ乾電池はパワー不足かな、電圧が下がってる時に本体スピーカーを使うと大音量時に一瞬電源が落ちる事があります。
ケチらずにメーカーから出てるリチウムイオン電池買いましょう。

2017年10月29日 19:25 |コメント|

アイコム IC-4300L

単三乾電池1本で長時間運用ができるお手軽な扱いやすいリグです。
販売価格が1万円台とかなりリーズナブルであると言え、遠距離交信も可能な機種です。コンパンダーあり。

受信感度が若干悪く、スケルチオープンしないと聞こえないまたは一切聞こえない、といった症状が発生する可能性があります。(当局は相手局のFBロケーションに助けられ、このリグで90kmの交信には楽々成功しています)


2013年12月18日 15:28 |コメント|

アルインコ DJ-P221L(ロングアンテナ)

単三乾電池1本で運用ができる。
送受信性能はDJ-R20DやDJ-P24Lとあまり変わりませんが、スケルチが固いといった特徴があります。相手局の信号が弱い場合は強制スケルチオープン状態での交信となります。
初期ロットでは、モニター機能(強制スケルチ解除)が使用できない、ほかにれピーター絡みのバグがあるので中古などはご注意ください。

2013年12月18日 15:22 |コメント|